• HOME
  • BLOG
  • COLUMN
  • イアンコナー率いる謎多きブランドsick..

イアンコナー率いる謎多きブランドsicko(シッコ)とは

2019.05.12

sicko(シッコ)とは

最近、InstagramやTwitterなどのSNSで度々見かける、謎多きブランドsicko(シッコ)。

デザインを手掛けているのは、実は“2人”とされています。

今や世界のファッションアイコンとして知られるIan Connor(イアンコナー)と、詳細不明で謎多き人物Sicko Owen(シッコオーエン)による新鋭ストリートブランドです。

出典:ian connor

イアンコナー(Ian Connor)のインスタグラム より引用

 

sickoの意味とは?

そもそも「sicko」の意味とは、狂人や変人といった意味などがあるスラングです。病気、病気にかかるを意味する「シック(sick)」と恐らく掛けていると憶測されます。

イアンコナーは日本のブランド裏原宿系ブランドなどが好きなので度々来日しています、少し汚い話にはなってしまいますが、小便のおしっこからsickoになったとの説もあります。この説は、彼のエスプリの効いたセンスを考えると、充分にありえるかもしれません。

 

Ian Connor(イアンコナー)とは?

彼は多くの顔を持つインフルエンサーとしても有名です 。

さっそく3つの顔をご紹介いたします。

 

①スタイリスト

https://thecactusmag.wordpress.com/tag/asap-rocky/

 

世界的に有名な、A$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)やwiz khalifa(ウィズ・カリファ)やKanye West(カニエ・ウェスト)など数多くのラッパーや著名人を担当してきたスタイリストでもあります。彼がチョイスするブランドやアイテムなどは、単純にファンだけでなく、幅広いジャンルから多くの評価を受けています。

 

②モデル

出典:ian connor

Ian Connor(イアンコナー)のインスタグラム より引用

Kanye West(カニエ・ウェスト)がプロデュースする「YEEZY(イージー)」、デザイナーは公式に発表はされていない完全会員制ブティック「M+RC NOIR(マルシェノア)」、NIGOが創立した「A BATHING APE(ア・ベイシング・エイプ)などのメインモデルを担当してきました。

 

③デザイナー

出典:ian connor

Ian Connor(イアンコナー)のインスタグラム より引用

スニーカー界の一世を風靡し今や定番アイテムと化した、「Revenge×Storm(リベンジストーム)」をデザイン。発売当初は入手困難でプレミア価格が付くほどレアなスニーカーでした。現在も新しいカラーリングなどが発売され今尚、注目を浴び続けております。そんな彼が再び、デザイナーとして新たにラウンチしたのが、「sicko」になります。

 

sicko owen(シッコオーエン)とは?

彼については全くと言っていいほど詳細が出ておりません。

最近ストリートブランドなどでは、正体不明のデザイナーが手掛けるというのが数多く存在します。

情報などを非公開にする事で、謎めいたミステリアスな要素を多く含むブランドにしているかもしれません。

例をあげると、「エイプル(AIPL)」や、「TEAM SATAN(チームサタン)」などがあります。

ストリートブランドのみならず、彼の(かの)有名な「Martin Margiela(マルタン・マルジェラ)」についてもミステリアスな要素が多く、数々のファンから支持されています。

今後どういった情報が公開されるかは分からないですが、非公開にしておく事自体が彼等のブランディングの1つなのかもしれません。

チームサタンについてはコチラ

 

sickoができるまで・・・

ファッションや音楽や映画などは、発想の元になる物事、所謂(いわゆる)元ネタやベースとなるものが存在している事が非常に多いです。

1つのブランドにおいても幾つもの経緯や歴史、カルチャーなどそういったものがあるので魅了されていく人が増えていくと言っても過言ではないかもしれません。

勿論ですが、sickoにもそういった背景は存在します。

予想と憶測を重ね合わせて解明していきたいと思います。

 

sicko

実はこのロゴ、歌手や俳優として活動している有名アーティスト、ビョーク・グズムンズドッティル(Björk Guðmundsdóttir)が関連しているといわれています。

ビョークはアイスランド出身の女性歌手で、現在は53歳になります。

ビョークとは「樺の木」を意味します。

bjork

彼女は、さまざまなジャンルの音楽に影響を受け革新的でいままでにない斬新な音楽を生み出すことで知られ、その才能は音楽のみならず他の業界にも偉業を残してきました。

実際に数多くの賞を獲得しており、グラミー賞12回とアカデミー賞にも選ばれているという輝かしい功績もあります。

代表曲などは、「Human Behavior」,「Army Of Me」,「Big Time Sensuality」など。

bjork

俳優としての代表作品は、世界中から史上最凶のトラウマ映画と評され一躍有名になった、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」ではないでしょうか。

ミュージカルシーンを利用した現実逃避、撮影の特殊性、暗さを絶妙に表現した世界観、単純に絶望だけではなく、その描写自体がどこか美しい映画になっています。俗に言う胸糞映画と呼ばれるジャンルにはなりますが、歌手ビョークの稀有な出演ということもあり、大ヒットした作品になります。

bjork

幼い頃から東洋的な顔立ちから日本人に似ているといわれ、三島由紀夫などの日本文学を読んでいたり、空手をしている事や、「アーティストとして、初めてリスペクトされていると実感したのが日本」と発言していたり、川久保玲や渡辺淳弥などの服を好んで着用し、大のコムデギャルソン好きとしても知られています。(上の写真はコムデギャルソンを着用)

 

さて、本題ですがそんな彼女ビョークが「sicko」のロゴと一体どういう関係が?と思われるかもしれません。

世界各国でライブをしてきたビョークですが、ライブというものにはライブTシャツ、バンドTシャツというのが大抵物販コーナーやインターネットなどでアルバムなどと同時に販売されたりしますよね。

ここで、ビョークが1997年に発表した4thアルバム「Homogenic」のTシャツや他のデザインの画像を見ていただきましょう。

 

bjork

一目で似ているとわかりますよね。

sickoと書いているのではなく、bjorkと書かれています。しかも書いている文字以外のデザインやフォントはそっくりで瓜二つです。

要するにビョークのTシャツをイアンコナーが‘‘サンプリング’’したと思われます。

イアンコナーも、インスタグラムでビョークの誕生日に、「Happy Birthday Queen」とビョークの画像を貼りポストしたりと、彼女のアーティスト性に惹かれた一人になります。

サンプリングとは単純に既存の物事をサンプルとする事です。音楽に置いても、既存の曲から一部のテンポ、リズム、フレーズ、単音などを抜き出し、再構築するというものです。

単純に真似をする訳ではなく、ベースやサンプルとして新たに生み出すといった所でしょうか。

ストリートカルチャーに置いてファッションや音楽のみならず、‘‘サンプリングをする’’という事は珍しくありません。むしろそこから新たなる文化やオリジナリティが生まれていくものであり、一種の遊び心から生まれた技術と言っても過言ではないかと思います。

サンプリングという文化自体は賛否両論ですが、とてもストリートらしい文化で奥深く魅力的ですね。

出典:ian connor

Ian Connor(イアンコナー)のインスタグラム より引用

現在販売などはされていないですが、SUPREME(シュプリーム)、UMBRO(アンブロ)、NUMBER (N)INE(ナンバーナイン)、Alyx(アリクス)、UNDERCOVER(アンダーカバー) などイアンコナー本人の私物にsickoのロゴを落とし込んだアイテムなども彼のSNSなどで多く見かけます。

あと、もう1つ説があります。

それは、アメリカのカリフォルニア州から生まれたSKECHERS(スケッチャーズ )と呼ばれるシューズブランドです。

 

Balenciaga(バレンシアガ)のtriple s(トリプルエス)の元ネタにもなったとされています。本来は単純に機能性をメインとしたスポーツシューズですが、その事が世に広まると同時に2,3年前からは、ダッドシューズとして大ヒットしています。

出典:ian connor

Ian Connor(イアンコナー)のインスタグラム より引用

そんなダッドシューズブームが巻き起こる中、イアンコナーは20148月からスケッチャーズ を履いています。まさに先取りといった所でしょうか、ブームが起る前からダッドをチョイスするセンスが、感度が高く彼らしいです。

そんなSKECHERSsのロゴがsickosに似ているためそういった説もあります。Sickoから、スケッチャーズをモチーフとしたスニーカーが販売されるかもしれないですね。

入荷アイテム

Ian Connor(イアンコナー)自身もインスタグラムにて、「sickoは単純にギルダンボディではなくもっとヘビーウェイトで分厚い生地だ」とコメントしています。実際にとても分厚く、良質なコットンを100%使用しています。

左肩にはポケットが付いておりエッジが効いたデザインになっています。

 

Tシャツ(3種類)

商品ページ

 

 

商品ページ

 

商品ページ

 

 

 

パーカー(2種類)

商品ページ

 

商品ページ

ブランドロゴ

出典:ian connor

Ian Connor(イアンコナー)のインスタグラム より引用

 

 

②Born From Pain 1993

直訳すると、Born From Pain=痛みから生まれる という事です。

1993は恐らくイアンコナーの年齢的に産まれた西暦とみられますね。

単純にキャッチフレーズとして使っているだけでしょうか、謎は多いままです。

因みにイアンコナーの個人用アカウントのIDも、Born From Painです。ちなみにアカウントは非公開の為見られないようになってます。sickoやリベンジストームなど彼のライフスタイルがもう少し見れるかもしれませんね。

多くの著名人が着用

ファッション、音楽、モデル業界の最先端にいるような人物ばかりです。

Drake(ドレイク)

カナダ出身のアメリカ史上最も売れているソロ男性アーティストのトップ、Drake(ドレイク)

lil keed(リル・キード)

アトランタ出身の新生ラッパー、lil keed(リル・キード)

bloody dior(ブラッディ・ディオール)

多くの支持を得るファッションアイコン、bloody dior(ブラッディ・ディオール)

Lil Yachty(リル・ヨッティ)

メーブルトン生まれ21歳のラッパー、Lil Yachty(リル・ヨッティ)

VIRGIL ABLOH(ヴァージル・アブロー)

OFF-WHITEの創設者であり、現Louis Vuitton(ルイヴィトン)を手掛ける、VIRGIL ABLOH(ヴァージル・アブロー)

Young Thug(ヤング・サグ)

アトランタ生れのレジェンドラッパー、Young Thug(ヤング・サグ)

Quavo(クエイヴォ)とLuke Wav(ルーク・ウェイブ)

UNWANTED(アンウォンテッド)の創設者Luke Wav(ルーク・ウェイブ)と、大人気ラッパーMigos(ミーゴス)の一員Quavo(クエイヴォ)

Estelle(エステール)

フランスを拠点とするモデル、Estelle(エステール)

出典:sicko1993 インスタグラム より引用

 

 

 

 

DOLLARでは、Revenge×Stormやsickoなどの人気ストリートブランドも新品・正規品でお取り扱いしております。

DOLLARオンラインショップまたはDOLLAR堀江店にてご覧いただけます。

WRITER