DOLLARが解説するRevenge×Storm(リベンジストーム)の偽物判別方法

2018.07.19

ニセモノだらけ?!Revenge×Stormのスニーカー

リベンジストームについて知りたいかたはこちらも

ストリートカルチャーを牽引する話題のスニーカーRevenge×Stormとは?

圧倒的人気を誇るリベンジストーム。

 

今やモデル数も20を超えるリベンジストームですが、その知名度が上がるにつれてニセモノも増えているようです。

DOLLARでも本物なのかどうかお問い合わせいただくことも多く、真贋に対して慎重になっている方も増えている印象。

 

今回はそんなリベンジストームのニセモノ判別方法について、コラムに書ける内容だけお伝えしようと思います!

ではどうぞ。

Revenge×Stormの偽物判別方法(初級編)

真贋ポイント① : サイドのステッチ

こちらが本物。

イナズマの下のステッチに注目です。

 

こちらはニセモノ。

うん、全然違いますね。笑

 

こちらもニセモノ。

ステッチがありません。

 

こちらは惜しいですが位置が上すぎます。

 

真贋ポイント② : サイズ表記

↑こちらが本物。

 

こちらがニセモノ。かなりフォントが違うのですぐわかると思います。

 

こちらはフォントは近いですがRevenge×Stormに0.5表記はないです。

 

真贋ポイント③ : イナズマの形

↑が本物。白いイナズマの形に注目です。

こちらがニセモノ。

ジグザグが雑なのがわかります。

 

真贋ポイント④ : ヒールパッチ

↑こちらが本物。

 

こちらはどちらもニセモノです。下の方はなかなか雑ですね…

 

Revenge×Stormの偽物判別方法(中級編)

少し難易度が上がりますが中級編をご紹介。

 

真贋ポイント⑤ : シュータンの刺繍

こちらが本物。

 

こちらがニセモノ。ややカーブしているのがおわかりいただけますか?

これはまだわかりやすいですがまっすぐのタイプのニセモノもあり、刺繍だけでの判別はやめておいた方がよさそうです。

(「R」と「V」の文字が違うのでそこを参考にしてみてください。参考画像みやすいのがなくてすいません)

 

真贋ポイント⑥ : スニーカーの高さ

左が本物、右がニセモノ。

ニセモノの方が本物に比べて高さがあります。

 

真贋ポイント⑦ : インソールのロゴ

こちらが本物。

ソールの文字に注目です。

こちらがニセモノ。

Sの文字が太いですね。

 

Revenge×Stormの偽物判別方法(上級編)

ここからはかなりマニアック。

おそらくネットには出回っていない情報です。

 

真贋ポイント⑧ : ハトメの色

これは黄色のシューレースモデルのみの判別方法。

こちらが本物。

一番上のハトメだけ銀色なのがわかりますでしょうか?

 

これ、実は発売前のポップアップストアでは一番上のハトメも白色で展示されていました。

 

↑こんな感じ。こちらはポップアップストア時の展示品。

発売時に細部の仕様を変えた理由はおそらくニセモノを作らせないためかと思われます。

(黄色だけハトメで作られているのも同じ理由?)

こちらはニセモノ。

もちろんハトメだけでなく他のポイントと合わせてチェックしてください。

 

真贋ポイント⑨ : ソールの色

こちらはフレイムカラーのみの判別方法。

現在のソールは赤色で作られています。

が、こちらもポップアップストア展示時は黒色でした。

 

こちらが展示品。

市場には出回っていないので黒色のソールを見かけたらニセモノの可能性が高いです。

 

これは偽物?よくあるお問い合わせ

ソール

ソールにも実は種類があります。

上のソールは文字なし。下のソールは斜めにRevenge×Stormの文字が入っています。

下の方が変更後のモデルで、時期としては赤フレイム・グリーンフレイムカラー発売以降のモデルには文字ありのソールが使用されています。

 

 

ちなみに別の工場生産のモデルではこのようなソールもあります。

 

箱のサイズ

箱の大きさは複数あり、サイズによって異なります。

上の写真だと左はUS5、右はUS8で大きさに差があります。

US13もサイズがもう一回り大きくなります。

箱の大きさでは偽物判別は難しいのでご注意を。

 

イナズマステッチ

最近に生産されたモデルはサイドステッチがイナズマになっています。

また、過去のモデルでも最近の生産分だとこの仕様になっており、ニセモノと間違われる方が多いですがこちらも本物です。

 

「R」「S」のタグ

イエローのシューレース以降のモデルには内側に「R」「S」のタグがつきます。

左足が「R」、右足が「S」です。

 

ちなみにブラックライトを当てると光ります。

 

この仕様もおそらく偽物対策としてつけられたものでしょう。

過去のモデルでも最近生産されたものはこのタグがついています。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

DOLLARが紹介するリベンジストームの偽物判別方法は以上になります。

 

これであなたもリベンジマスターです!

自分に合う一足を見つける際の参考にしてくださいね。

 

WRITER