• HOME
  • BLOG
  • EVENT
  • コムデギャルソンアーカイブ、プライベート..

コムデギャルソンアーカイブ、プライベートコレクション「文脈を着る。」とは

2018.12.22

「文脈を着る。」














と題しました、東京、DOLLAR context にて現在開催中のコムデギャルソンのプライベートコレクション。

イベントを通じて私たちはファッション業界に対して、
洋服屋の新しいあり方を提案したいと考えておりました。










ブランドのクリエイション、概念・世界観に対するリスペクトを込めて。

それでいて、物の価値を見る目をクリアに、余計なフィルターを外して、

私たち自身の目で見て、それぞれのアイテムの価値を見出したい。



「〇〇のブランドだから」
「〇〇が着用したから」
「ネットの落札相場が高いから」
「古いから」、「新しいから」


そうじゃなくて、
「デザインや作りがいいものだから」
「自分にとってしっくりくるから」
と胸を張って言いたいです。












私たちのいう「文脈 ~context~」とは、
自分自身と洋服・時代・場所など、多くの要因が複雑に絡み合ってできる新しい価値が生まれる反応のことを指しており、




COMME des GARCONS が発表しているタイポグラフィで、



「自由を着る。選んで始まる。」
という言葉があります。

多くを語らない、コムデギャルソンのその言葉にもさえも、文脈という概念は当てはまると考えております。
その言葉が持つ意味は、聞き手によって異なってくるはずです。



私たちが選んだ「文脈を着る。」という言葉が、
多くの人々に目に触れ、耳に入り、楽しい議論を生むところとなるのを願っております。




東京でのイベント開催期間は12月24日で終了してしまいますが、
大阪では、DOLLAR horie にて1月2日〜1月10日にて同イベントを開催予定となっております。

WRITER