ネットショップ

ご相談やご質問は気軽にご連絡ください。06-6536-8099受付時間 12:00 ~ 21:00 (年中無休)

2017.04.02

COMME des GARCONS コレクションアイテム大量入荷

シェアボタンはこちら

COMME des GARCONS大量入荷。

コレクション画像とともに、各シーズンの解説も加えながら新商品をご紹介します。

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS 15SS フェイクレザースカート

平面的なアイテムが中心だったシーズン。人間が着ると立体的に膨らみますが、着ていないときはまるで型紙のままのように見えます。

このシーズンは丸や四角のコラージュで形取られた幾何学模様と目の覚めるような配色が特徴。

このアイテムは他のものと比べればこれでもベーシックなデザインなのです。

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS 14SS スパイラルフレアスカート

構築的で、どこか古着らしくもあるフレアのスカートに合わせるのはレザーライクのインナーにフリンジ袖のジャケット、鋲打ち込みのアンクルブーツ。

70年代ロックファッションをフェミニンに、それでいて力強く表現。

そしてジュンヤらしいアイテムひとつひとつの妙も垣間見えるグッドなコレクションでございます。

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS 04SS 立体ドットブラウス

お次もジュンヤから。

アイテムはブラウスですがこちらも構築的。胸元にプリーツとパターンを切り替えることで立体感を表現。より女性らしいフォルムを作り出しています。

前留めはボタンではなく20個近くあるホックで留めます。こうすることでより身体に密着したシルエットを演出できるというわけですね。

アイテムは全然違いますがマルジェラの名作トルソートップスと構造が近い気がしました。

胸元の立体感とかホックで曲線を強調したりとか。

COMME des GARCONS COMME des GARCONS 13AW 穴あきストライプスカート

ライン変わってこちらはコムコム。

定番の縮絨素材のスカート、のように見えますが実は素敵なギミックが。

そう、真ん中に穴が空いているのです。

このシーズンのテーマが「シンプルと過剰の境界線」というものでした。

一見シンプルに見えるスカート、普通に履いている分には気づかないデザインの妙がふとしたときに目の前に現れる。

そのコントラストにやられてしまいます。

上に合わせているジャケットも裾より上はシンプルなデザインですが裾部分の過剰なまでのデザインがそれぞれを強調する効果を持っているのでしょう。

COMME des GARCONS COMME des GARCONS 14AW レイヤードベロアジャケット

COMME des GARCONS COMME des GARCONS 14AW キルティングワイドスカート

こちらもコムコム。セットアップで入荷しました。

2014AWのテーマは「無垢な反骨精神」。

少女性とパンキッシュの調和・融合を具現化したようなコレクションでした。

ジャケットはベロア素材とキルティング素材の切り替え。

というよりはキルティングの羽織にベロアのジャケットの前身頃だけがくっついたデザインというべきでしょうか。

スカートは同素材のワイドスカート。

ウエスト−裾幅の差が100cm近いものすごくフレアなデザイン。

空気を含んだキルティングという生地感も相まってボリューミーなアイテムです。

こちら本当にオススメです。ギャルソン女子の皆さんいかがでしょうか?

COMME des GARCONS 16AW 総刺繍ポンチョ

Sold Out !!

ここからはコレクションピースではないですがギャルソンの力強さを感じられるパワーピースをご紹介しましょう。

まずはこちら、Sサイズは国内2着のみのマスターピースです。

全面にあしらわれた刺繍はよく見ると異なるステッチング方法が見られます。

大きな花の輪郭は太い糸を使用し肉厚に表現、花びらの内側は手縫いのような少し乱雑な縫い方。ヴィンテージのスカジャンの刺繍に近いです。

機械で施したような綺麗なラインを描く刺繍もあれば、ドビーのようなプツプツとした刺繍も見られます。

これを一着全てに施すとどれほどの時間がかかるのでしょう・・・

定価は300.000円程だそうですが、手間暇を考えればもう少し高くても妥当な気もしました。

COMME des GARCONS 14SS リボン付きベスト

「服ではない服」をテーマに掲げた本シーズン。

少女らしさを象徴するかのようなリボンは少し過剰な装飾にも感じます。

このシーズンは服の一部の生地が剥がれ、それらが結ばれ結び目となって服と一体化しているワンピースなど、服と服ではない何かの境界線を曖昧にしたアイテムもありました。

「少女性×アヴァンギャルド」という揺るがないコンセプトがあってのこのデザイン。

40年の歴史を持つブランドだからこその重みを感じます。

 

コムデギャルソン高価買取

当店では、コムデギャルソンの名作アイテムを高価買取致します。

カーブ期、ゴブラン期、フリル期など初期のシーズンアイテムも大歓迎です。

もちろん、最近のシーズンのものも高価買取致します。

ものにまつわる想いやエピソードまで含めて、丁寧に査定させていただきます。

飾っているだけで着ていないコレクションがございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

次のオーナー様へ、こころをこめて伝えます。

WRITER

大村(おおむら)

DOLLAR 梅田店 店長

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします