• HOME
  • BLOG
  • COLUMN
  • 最近よく見る『Pablo(パブロ)』とは..

最近よく見る『Pablo(パブロ)』とは?世界中から注目されるファッションアイテムに迫る。

2016.09.22

メイン画像引用元:Highsnobiety

ここ数ヶ月、ファッション界隈のSNSやストリートでやたらと目にする『Pablo(パブロ)』と呼ばれる背面に大きく文字だけがプリントされたTシャツ。

半袖や長袖、赤や青、はたまたデニムジャケットなどアイテムは様々ですが、すべてに共通しているのは同じフォントの文字プリントがされているということ。特に背面に。

この『Pablo』は、DOLLARでも入荷直後から大人気のアイテムで、既に複数のタイプが完売となっています。

そんな『Pablo』が店頭に並んでからほぼ毎日、ご来店いただいた方から
「これよく見るけどなんですか?」
「なんていうブランドなんですか?」
「PABLOって最近聞くんですけどなんなんですか?」
というご質問をいただくため、スタッフ一同Pabloの説明をしなかった日はないほどです。

ファッション好きの方は、やはりどこかで必ず目にしたことがあって疑問に思っていたのでしょう。

そういうわけで、おそらく今年のDOLLARの流行語大賞は「PABLO」か「ポケモンGO」で決まりでしょう。

だから『Pablo』って何?

お答えします。

米国ブラックミュージック業界を代表し、ファッション業界において今もっとも影響力のあるアーティストKanye West(カニエ・ウェスト)が今年の2月に最新アルバム『The Life Of Pablo』を発表しました。

20160220010446

そして、その『The Life Of Pablo』をテーマに世界的に有名なマルチ・ビジュアル・アーティストであるCali Thornhill DeWittとコラボレーションして作られたマーチャンダイズが『PABLO』なのです。

2_f62f0d31c30ef566
引用元:Slate Magazine

1_5ed1f1bf4e5c4e96 
引用元:Pure Savage

ようするに超簡単に言えばバンドTシャツみたいなグッズです。

ちなみに"PABLO"という言葉自体の意味はというと、キリスト教の新約聖書の著者の1人である使徒パウロのスペイン語読みが”PABLO(パブロ)”だそうです。

なぜそのパウロが取り上げられているのかはファンの中でもいろいろと議論されていて確かな意味合いはわかりませんが、アルバムの曲からはゴスペルなど宗教的なニュアンスが受け取れます。

『Pablo』が世界的に注目される
ファッションアイテムになるまで

Pabloは、アルバム『The Life Of Pablo』の発表と同時にkanyewest.comに公開されていましたが、そのページにログインするにはパスワードが必要だったとか...

Pabloは基本的に一般発売されていません。

最初に発売されたのは、2016年3月18日から20日にかけての3日間限定でニューヨークSOHO地区のギャラリーにて開催されたポップアップストアです。

公な告知は一切なく、突如カニエ・ウエスト自身のツイッター上で告知されただけにも関わらず、2日間で1億円以上も売り上げ話題となりました。

8_a96e01379e0efa5e
引用元:YEEZY.JP

そして次に2016年8月19日から8月21日にかけて、世界7か国21都市にてポップアップストア限定で販売されました。

22
引用元:FADER

こちらも開催の告知はカニエ自身のツイッターでのみ。しかも開催の24時間前に突如告知したそうです。

世界中から注目されるカニエ・ウエストだからこそ出来るユニークな方法ですね。

 44
引用元:Daily Mail Online

24時間前の告知にも関わらず現地は人だらけでカニエ・ウエストの注目度がわかります。

世界中の著名人が愛用する『Pablo』

世界中から注目されるPabloは、もちろん世界中の著名人からも注目されています。

David Beckham(デビッド・ベッカム)

12_696864f2869d1cd7-640x423
引用元:Daily Mail Online

ロサンゼルスで開催されたポップアップストアにはなんとあのデビッド・ベッカムが息子と一緒に駆けつけたそうです。

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)

img_20160502_193911
引用元:Ogeohalee.com

この青の長袖タイプは当店でも入荷しておりましたが、すべて完売となりました。

三代目J Soul Brothers 岩田 剛典

こちらはキャップを着用しています。

コブクロ 黒田 俊介

65
引用元:スポーツ報知

驚きのコブクロの黒田 俊介さん!!

ビックリして調べてたら、黒田さんは普段からOFF WHITE・FEAR OF GOD・YEEZYといったかなりのハイファッションアイテムを愛用されているようです。

写真では遠くてしっかりとわかりませんが、おそらくこの黄色のPabloはPabloであってPabloではないものかもしれません。

33291b2b00000578-0-image-a-56_1460628486113

こちらの写真は、20年というキャリアの経て今年引退したNBAのスーパースターKobe Bryant(コービー・ブライアント)とKanye West(カニエ・ウエスト)が、Kobe Bryantの引退試合後の一幕です。

org_3

Kobeの引退試合に訪れたKanyeが着用していたのは、イエローにパープルというKobeが20年間所属していたLos Angeles Lakers(ロサンゼル・スレイカーズ)のチームカラーに、“I FEEL LIKE KOBE”をもじった“I FEEL LIKE KOBE”とプリントされたTシャツです。

ちなみに背面には、“THE GREATEST OF ALL TIME / MAMBA DAY / KOBE BRYANT / LOWER MERIONS FINEST”とKobeを賞賛するメッセージがプリントされています。

これ以外にPabloでイエローカラーが発売されたという情報は聞いたことがありませんので、おそらくコブクロの黒田さんが着ているTシャツはこれではないでしょうか?

なかなかパンチの利いたアイテムをお持ちのようです...

『Pablo』の偽物にご注意を!

人気アイテムにはつきものですが、Pabloにもたくさんの偽物が存在します。

先述の通り基本的に一般発売されていないため、繁華街で見かける多くが偽物です。

しかし、Pabloはブランドタグなども存在せず見分けるのが大変難しいものになっています。

というかPabloもそもそもブランド物というわけではありませんので、使用されているボディはまさかの「GILDAN(ギルダン)」

※一部「GILDAN」ではないものも存在します。

img_9929

「GILDAN」は、日本ではあまり知れていませんが、実は世界シェアNo.1のTシャツブランドです。

しかしながらNO.1と言っても質が良いというわけではなく、低価格な大量生産品。
サイズ感や製品クオリティは日本ブランドのPrintstar(プリントスター) やUnited Athle(ユナイテッドアスレ)には及びません。

下手すると偽物の方が質が良いなんて可能性もあります...

しかし本来はグッズであるということを鑑みればおかしなことではありません。

むしろそれでもなお世界中を魅了する『Pablo』をなおさら評価するに値します。

※当店の取り扱い商品はすべて本物ですのでご安心ください。

私も持ってる『PABLO』をいかがですか?

22

私自身も黒ボディに金文字タイプのロンTを愛用中。

ヘビロテアイテムになりすぎてくたくたになってきていますが、それはそれで良い風合いということで...

※本商品は現在完売となっておりますが、近日再入荷を予定しています。

他にも色違いやパーカーなど入荷しておりますのでぜひご覧ください!

■Pablo 商品一覧
http://dollar.ocnk.net/product-list?keyword=Pablo&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

WRITER